エステサロン開業に必要な資格や手続きとは?

エステサロン開業に必要な資格や手続きとは?

エステサロン開業に必要な資格とは?

意外なことに、エステサロンの開業には特別な国家資格などは必要ありません。

しかし集客効果を考えると、何かしらの資格を取って肩書きを得ていた方が有利ではあります。エステサロンに関連する民間の資格は沢山ありますので、いくつか取得しておくと心強いでしょう。

一方で、まつエクサロンの場合は美容師の資格が必要になります。これはまつエクの施術が美容術に該当するためで、個人で開業する際には特に注意をしてください。

POINT エステ開業には特別な国家資格は必要ありません。

エステサロン開業に必要な手続きとは?

エステサロン開業に必要な手続きとは?

サロンの経営においては、個人事業主と法人の2種類があります。近年人気の自宅開業の場合は個人事業主になるのですが、法人と比較して色々違う点もあるので覚えておきましょう。代表的なのは税金です。

個人事業主は赤字経営になると課税が免除されますが、法人であれば支払い続ける義務があります。更に確定申告の解りやすさややりやすさでは、個人事業主の方が自分でもできるほど簡単になります。手続きでは個人事業主は届出関係を税務署に提出するだけで構わないのに対し、法人では法人登記が必要になるので費用や期間もそれなりに掛かってくるでしょう。仮に司法書士に全てを代行してもらえば30万円前後の費用が発生しますので、あらかじめ用意しておかなければなりません。

もしも個人事業主としてエステサロンを開業するのであれば、まず事業開始後1ヶ月以内に開業等届出書を税務署に提出してください。次に事業開始後から2ヶ月以内に、所得税の青色申告承認申請書も提出しましょう。あとは給与支払事務所等の開設届出書も必要です。どれも重要な書類ですので、しっかり見落としのないよう確認をしておきましょう。

◆個人事業主の手続きについて
・個人事業主は赤字経営になると課税が免除
・個人事業主としてエステサロン開業には、事業開始後1ヶ月以内に開業等届書の提出が必要。

関連記事

  1. エステサロン開業に必要な資金はいくら?

  2. 差別化できるメニュー構成や価格設定を考えよう

  3. エステサロンやリラクゼーションサロンの効果的な集客方法

  4. エステサロン経営に必要な技術や知識を身につけるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エステ経営コンテンツ一覧